快適・感動・熱闘ワーク 日本ネットワークヴィジョン 各種お問合せは・・・0800-900-8414
会社概要 代表挨拶 サイトの御利用について プライバシーポリシー サイトマップ
インターネット
お知らせ
WEBコンサルティング
ネットワークソリューション
各種サーバー
ジョイントメール

サポート

お申込・お問合せフォーム
セキュリティ
商品一覧
テクニカル・ソリューション
設置〜保守の流れ
導入事例-マンション-
導入事例-店舗-
お問合せフォーム
管理画面、メール設定など基本的な操作方法を掲載しております。お問合せになる前に、まずはご一読ください。
メール設定内容
FTP設定内容
CGI設定内容・サーバー仕様
はじめに・・・プロバケーションとは
管理画面(コントロールパネル)へのログイン
[メール] アカウントの発行/削除
[メール] 転送設定
[メール] エイリアス設定
[メール] メーリングリスト設定
[ WEB ] ディレクトリ設定
[ WEB ] Basic認証設定
[Q&A] メールが突然送信できなくなった場合
[Q&A] プラン変更をご希望の場合
[Q&A] 解約をご希望の場合
 
設定項目名 設定値
受信メールサーバー(POP3) 「mail.お客様ドメイン名」を入力  例:mail.atvision.jp
送信メールサーバー(SMTP) 「mail.お客様ドメイン名」を入力  例:mail.atvision.jp
メールアドレス 「メールアドレス」を入力  例:info@お客様ドメイン名 ※1
メールアカウント 「アカウント(@マークの前)」を入力  例:info
メールパスワード 「パスワード」を入力 ※2
※1 あらかじめ管理画面にてメールアドレスを発行する必要があります。
※2 メールアドレスを発行した際に設定したパスワードになります。サーバーパスワードとは異なります。
設定項目名 設定値
ホスト名(サーバー名) 「お客様ドメイン名」を入力  例:atvision.jp
ユーザー名(ユーザーID) 「弊社より送付したユーザーID 」を入力
パスワード 「弊社より送付したパスワード」 を入力
ログインディレクトリ Public_htmlディレクトリ ※1
※1 CGIプログラムは、「Public_html」の1つ上の階層にある「cgi-bin」ディレクトリへアップロードしてください。
設定項目名 設定値
ウェブサーバソフト Apache1.3系
OS UNIX系OS
設置ディレクトリ 推奨は、ログインディレクトリ(/htdocs)の1つ上にある cgi-binディレクトリですが、htdocsディレクトリ内でも動作します。※1
プログラム属性 標準は、700( rwx------ )です。
プログラムの説明で、別途、指示がある場合はそれにあわせてください。
その他ファイル .dat .log .ini等は、600(rw-----)です。
ディレクトリ属性 標準は、705(rwx---r-x)です。
プログラムの説明で、別途、指示がある場合はそれにあわせてください。
呼出アドレス ・cgi-bin ディレクトリに設置した場合は、
「http://www.お客様ドメイン名/cgi-bin/ファイル名」
プログラム言語のバージョン Perl5 / PHP4
プログラムパス Peal /usr/bin/perl
Sendmail /usr/lib/sendmail
・sendmailをご利用されてのメール配信は、一通(100KB以内)につき、1秒間以上の間隔をあけてください。
禁止事項 高負荷CGIの利用禁止とさせて頂きます。
例)
箱庭諸島・大航海時代等プロセス常駐型CGI
マルチスクリプト型CGI
有料・無料問わず、レンタル型CGI
DQバトラー・チョコボレース等のCGI
※1 管理画面にて動作許可設定をする必要があります。
ページの先頭へ戻る
独自ドメインやレンタルサーバをご利用いただく場合、「プロバケーション」を必ずご理解していただく必要があります。

インターネットの性質上、変更したドメイン情報が世界中に浸透するのに、約1週間程度の期間が必要です。 これをプロバケーションといいます。
プロバケーション中は、旧サーバと新サーバのどちらに辿り着くかわからないため、 両方のサーバにホームページを用意する必要があります。
また、メールも旧サーバと新サーバのどちらに辿り着くかわからないため、 メールソフトで2つのメールサーバーを指定し、 両方からメールを受信するように設定してください。

プロバケーション期間中は、ご自身のドメインでユーザー設定(POPの設定)を行うことができません。FTP転送はプロバケーション中であっても、通常通り接続可能です。
管理者はコントロールパネルにて、全機能設定及び全ユーザー管理が可能です。
※ 「domain.com」はお客様のドメイン名に置き換えて下さい。
メールアカウント(メールアドレス)の発行、及び削除の方法についてです。
メールソフトへ設定する前に、必ず行う必要のある作業です。
特定のメールアカウント(メールアドレス)へ届いたメールを、別のアカウントへ転送する設定方法についてです。
複数のメールアドレスをひとつのパソコンで管理したい場合などに使用します。
1つのアドレス宛にメール送信するだけで、あらかじめ登録しているメンバーへ一括送信する方法です。顧客に対して販促メールを一括送信する等の使用方法があります。
cgi-binフォルダ以外でもCGIプログラムが動作するように設定するなど、ディレクトリの環境設定を行う方法です。
特定のディレクトリに対し、パスワードを入力しなければ閲覧できないよう設定します。社内向けHPなど、部外者へ閲覧させたくない場合などに有効です。
ページの先頭へ戻る
2005年9月より、インターネット接続プロバイダ(ISP)各社において、迷惑メール対策として「ポート25ブロッキング」が実施されています。これは、プロバイダのメールサーバーを利用しないメール送信(Port25)をブロックするものです。

ウィルス感染したPCから送信されるウィルス感染メールの大半や、迷惑メールの大半は、ISPのサーバーを経由せず、感染したPCや迷惑メール業者のPC・メールサーバーより直接メール送信されます。この「ISPのサーバーを経由しないメール送信」をブロックすることにより、ウィルス感染メールや迷惑メールの送信防止に大きな効果があると考えられています。
しかし、同時にレンタルサーバー経由で送る正常なメールも「ISPのサーバーを利用していない」ため、ブロックされて送信できなくなります。そのため、御利用のメールソフトの設定を変更することで、正常なメール送信をする方法が用意されています。
「今まで送れていたのに、突然メールが送信できなくなった」という場合は、まず下記にお使いのプロバイダが無いか御確認いただき、お使いのプロバイダに直接お問合せ下さい。
プロバイダ名 「ポート25ブロッキング」説明ページ
WAKWAK  http://www.wakwak.com/info/spec/port25/
ぷらら  http://www.plala.or.jp/access/living/releases/nr04_dec/0041207_01.html
InfoSphere  http://www.nttpc.co.jp/press/html2005/20050921_1.html
SANNET  http://www.sannet.ne.jp/mail/port25.html
IIJ  http://www.iij.ad.jp/pressrelease/2005/0927.html
hi-ho  http://home.hi-ho.ne.jp/news_release/2005/0905.html
mopera U  http://www.mopera.net/support/spam/port25.html
So-net  http://www.so-net.ne.jp/option/mail/op25b/index.html
@nifty  http://support.nifty.com/support/information/op25b.htm

OCN, KDDI, DTI, DION, ウィルコム ・・・その他、今後増えていくと考えられます。
現状でレンタルサーバの独自ドメインでのメール送信に問題が無ければ、ご利用のプロバイダでは実施されていないと考えられます。また、プロバイダによっては固定IP契約は制限されない等の条件があるようです。詳しくはご利用のプロバイダにお問合せください。

「プラン変更依頼書」に、必要事項を記入・ご捺印のうえ、弊社までご郵送ください。
お電話、又はメールにてご連絡ください。「サーバー解約依頼書」をお送りいたしますので、必要事項を記入・ご捺印のうえ、弊社までご郵送ください。

〒160-0023  東京都新宿区西新宿3-8-3 新都心丸善ビル74F
株式会社日本ネットワークヴィジョン ネットワークソリューション事業推進部 宛
ページの先頭へ戻る
 
copyright(c)2006 NIPPON NETWORK VISION all right's reserved.